鳥取から全国の美食家たちに、頑固なまでにこだわった山陰の味覚をお届けいたします。

食のみやこ鳥取県最優秀賞受賞

miyako

食のみやこ鳥取県最優秀賞受賞

鳥取県では鳥取県産の農林水産物を主原料とした加工食品、又は鳥取県産農林水産物の特徴を活かした加工食品の中から優れた新商品を表彰・PRすることによ り、新商品の販路拡大と開発を促し、食のみやこにふさわしい食の充実を図ることを目的に、「食のみやこ鳥取県」特産品コンクールを開催しています。
平成24年のコンクールは8月に行われ、鶴太屋が出品した「黒毛和牛の佃煮」が最優秀賞を受賞しました。

maitakeumeshimeji
鳥取黒毛和牛の佃煮
「みささ実山椒」
鳥取黒毛和牛の佃煮
「野花(のきょう)梅」
鳥取黒毛和牛の佃煮
「大山はたけ しめじ」
maitakeshoga
鳥取黒毛和牛の佃煮
「おしどり舞茸」
鳥取黒毛和牛の佃煮
「茲矩生姜」

「食のみやこ鳥取県」特産品コンクール

《関連サイト》http://www.pref.tottori.lg.jp/203013.htm

1 日時
8月7日(火)午後1時10分~午後4時45分

2 会場
鳥取県立福祉人材研修センター(鳥取市伏野1729-5)

3 内容
予備審査(商品ラベルの法令適合性を審査)を通過した21商品[12事業者](別添資料)の中から、品質、パッケージ及び市場性を審査し、受賞商品を選定する。

4 審査方法
以下の審査基準に沿って9名の審査委員が採点を行い、全審査委員の合計点数の上位の中から審査委員合議の上、各賞(最優秀賞1点、優秀賞2点、優良賞3点)を決定する。

<審査基準>

(1)品質:食味、風味、素材、安全性が優れているかどうか
(2)パッケージ:デザイン、使い易さ、保存等が優れているかどうか
(3)市場性:鳥取県らしさを打ち出しているか、価格設定が適正かどうか

5 審査の流れ
(1)個別審査方式(1事業者につきプレゼン及び試食[10分]、質疑[5分])による審査委員の試食・採点(午後1時15分~午後3時30分)
(2)採点結果の集計及び審査委員による合議[マスコミ非公開](午後3時45分~午後4時30分)
受賞商品(最優秀賞1点、優秀賞2点、優良賞3点)を決定する。
※マスコミ関係者は、各出品商品の試食が可能です。
※マスコミ関係者には、審査結果を当日中にお知らせする予定です。

6 審査委員
9名(学識経験者、食品関係団体、消費者等)

・鳥取短期大学 生活学科教授
松島文子(まつしま ふみこ)
・鳥取県商工会連合会 専務理事
川口正男(かわぐち まさお)
・社団法人鳥取県物産協会 事務局長
有本一弘(ありもと かずひろ)
・株式会社鳥取大丸食品部 部長
寺谷昌泰(てらたに まさひろ)
・イオンリテール株式会社山陰事業部 部長
桂川まゆみ(かつらがわ まゆみ)
・とっとり県消費者の会 会長
福井靖子(ふくい やすこ)
・食育アドバイザー
岡部直美(おかべ なおみ)
・財団法人鳥取県産業振興機構 マネージャー
前俊雄(まえ としお)
・独立行政法人鳥取県産業技術センター食品開発研究所 所長
野口誠(のぐち まこと)

LINEで送る

PAGETOP
Copyright © 株式会社鶴太屋 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.